遺産相続
相談するなら

相続や事業承継の節税対策で
頼れる存在
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所
HOME » 遺産相続で頼れる!名古屋のおすすめ税理士事務所

遺産相続で頼れる!名古屋のおすすめ税理士事務所

相続対策の種類や税理士を頼るべき理由、おすすめの税理士法人についてまとめています。

あなたの資産は納税対象?簡易セルフチェック

あなたが現在保有している資産が相続税の課税対象に当たるかどうか、5項目のセルフチェックを設けました。当てはまる項目を選んでチェックしてみてください。

現金・預貯金の額
3,000万円未満3,000万円以上
現在の住居
賃貸持ち家
自宅以外の不動産がある(所在地不問)
あるない
株や有価証券を持っている
あるない
死亡保険金の額
500万円未満500万円以上

どれか一つでも当てはまるのであれば、相続税の申告が必要になる可能性が高いので、ぜひ税理士に相談してください。

基礎控除や配偶者控除、小規模宅地等の特例などで、納税額が0円であっても、申告は必要となります。

目次に戻る

相続対策の種類

相続対策は大きく分けて「分割対策」「納税財源の確保」「節税」の3つに分類されます。それぞれどのような点に注意するべきか、また、どの専門家に相談すべきなのかを説明します。

分割対策

どんなに仲の良い兄弟同士でも、相続争いで揉めて親戚付き合いがなくなってしまった、関係が複雑になったというケースが多々あります。相続対策で気を付けるべき点は、「誰にどの資産を相続させるか」を明確にすること。簡単な対策としては、「生前に遺言書を作成し残しておく」こと。これによって相続争いを防ぐ可能性が高くなります。

また、円滑に相続できるように財産を分けやすくしておくことも重要です。特に土地や建物などに関しては、「あえて建物を立てない」「分けにくい資産を別の資産に組み替える」といった方法があります。

遺産分割や遺言書の作成に関しては、弁護士への相談が必須ですが、どのように分ければ節税に繋がるか、という点については、税理士への相談が必要です。

納税財源の確保

ある一定額以上の遺産を相続した場合、その人には相続税の納税義務が生じます。しかし、納税するための財源、つまり資金が確保できなければ、せっかく相続した家や土地を売って納税しなければならない…ということにも繋がります。

資金を確保できるなら、特に対策は必要ありませんが、確保が難しいのであれば、生前に対策を考える必要があります。

例えば、アパートなどの不動産を贈与しておくことで、家賃収入を納税資金に充てられます。また、生命保険の死亡保険金なども納税資金として活用できます。納税財源を確保するためにはまず、正確な納税額を算出する必要がありますので、税理士に相談しましょう。

節税

ある程度の資産を持つ方にとって、如何に納税額を抑えるかは、もはや常識かもしれません。しかし、平成27年に税制が改正されたことにより、これまで課税対象ではなかった方も、相続税を支払わなければならなくなりました。

どうすれば税額を抑えられるのか、また、脱税と捉えられないような節税方法を知るためにも、税理士への相談は必須です。

目次に戻る

税理士へ相談するメリットとは

相続税対策について、税理士に相談するメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 二次相続の対策まで相談可能
    相続は、一次相続と二次相続の2パターンあります。二次相続は重要視されないことが多くありますが、実は二次相続の場合に高額の相続税が発生することも。
    税理士へ相談することで、二次相続までしっかりとした対策が可能です。
  • 税務調査に関する適正な対処
    相続税の申告と財産がかけ離れている場合は、査察が入る恐れがあります。およそ3件に1件の割合で実施されていると言われており、申告漏れが見つかった場合は追徴金を支払わなければなりません。
    税理士であれば、査察対象にならない、適正な申告額の算出が可能です。
  • 相続税額の適正な納付
    相続税は、一般的に個人が納めるほかの税金よりも金額が大きくなり、場合によっては相続財産の半分以上の額を課税されることも。
    税理士に相談することで、納税額の圧縮が図れます。

相続対策において、税理士が直接関われることは税金に関係することだけ。ですが、財産の分割方法によって課税金額が変わることもあるので、一度、税理士へ相談することをおすすめします。

相続税の負担は大きく、それを軽減するためには専門的な知識が必要です。そのため、「税理士であれば誰でも良い」というわけではなく、相続問題を専門とする税理士に相談しましょう。

目次に戻る

生前にしておきたい節税方法

相続税を抑えるために、生前から取り組める節税方法として、「相続資産の圧縮」「控除・特例の活用」「資産評価を下げる」という3点が挙げられます。

「相続資産の圧縮」は、相続対象となる財産そのものを減らすという考え方です。子どもや孫への生前贈与、旅行やお墓、仏壇の購入といった消費行動が、結果として節税に繋がります。

「控除・特例の活用」は、基礎控除や配偶者控除などの制度を活用することで、納税額を抑えるという考え方です。例えば、生前に同居していた親族に住居を相続した場合には、最大80%の減額が認められる「小規模宅地等の特例」が利用できます。また、養子縁組によって相続人を増やすことも、節税方法の一つです。

不動産を購入し、またその不動産を賃貸として活用すれば、資産評価が下がり、課税対象となる資産が少なくなるので、節税が可能となります。

他にもさまざまな節税のパターンがあるので、詳しく知りたい場合は税理士へ相談してみましょう。

うまく活用して大きく節税!生前贈与の活用法

死後に発生する相続とは違い、自分の意思でできる生前贈与は、近年の法整備によって相続税の軽減にも活用できるようになりました。

以下に挙げる制度を上手に利用すれば、より多くの資産をお子さんやお孫さんに渡せるでしょう。

教育資金

30歳未満の子どもや孫に対して、一括で1500万円までの教育資金であれば、贈与税が非課税となる制度が平成25年に制定されました。

適用範囲は広く、学校へ支払う入学金や授業料、保育園の保育料の他、学習塾や水泳教室などの月謝も対象となっています。ただし、その場合の限度額は500万円に設定されています。

教育資金一括贈与制度を利用するときの注意点

この制度を利用する際に注意するべきポイントは3つ。

まず一つめは、金融機関に作った専用の口座で資金を管理することです。口座を開設できる店舗は金融機関につき一つのみとなっており、資金の使い道は金融機関がチェック。そのため、贈与された人は所定の期限までに領収書を提出する必要があります。

二つめは、贈与を受けた子どもや孫が30歳になったとき、口座に残高が残っていると、その金額に応じた贈与税が課せられる点です。この際、残高を無くそうとして車を購入したり、就職活動の費用に使ったりしても、教育資金とはみなされないため、贈与税を払う必要があります。

三つめは、贈与した資金は戻せないという点です。仮に贈与の後に教育資金が必要なくなったとしても、自分たちの生活資金が足りなくなったとしても、一度贈与した分は戻せません。

制度を利用する場合は、事前に、どのような教育を受けるのか、しっかりと話し合ったうえで、無理のない額を贈与しましょう。

結婚・出産・子育て資金

結婚や子育てに関しても贈与税の非課税制度があります。20歳以上50歳未満の子どもや孫が、結婚・出産・子育てをする際の資金援助が制度の対象となります。以下に挙げているどの場合も、専用の口座で資金を管理する必要があります。結婚・出産・子育て費用合わせて1000万円を限度としており、そのうち結婚・引っ越し費用は300万円までが認められています。

結婚式や新居への引っ越し費用

結婚式や披露宴を行う際の費用や、衣装代、引き出物、各種アイテム費用のうち、婚姻届を提出した日の1年前の日以降にかかった費用が対象です。結納や婚約指輪、結婚指輪、新婚旅行の費用には使えません。

新居への引っ越し費用に関しては、婚姻届提出から1年前後に賃貸借契約を結んだ住居に対して、契約から3年以内に支払う敷金や礼金、家賃、共益費、引っ越し費用が対象です。駐車場代や家具・家電の購入、光熱費、不用品の処分、単身赴任のによる転居には使えません。

出産・産後ケア・不妊治療に関わる資金

妊婦健診や出産に関わる入院、分娩の他、産後1年以内に受けた産後ケア、不妊治療で行う人工授精にかかる費用などが対象となります。ただし、通院のための交通費や宿泊費、海外で受けた検査やケア、治療に関しては対象外です。

保育園・幼稚園利用料・未就学児の医療費

保育園や幼稚園の入園料や保育料、その他施設利用料の他、ベビーシッターや保育施設の利用料が対象となり、衣類やベビーカー、玩具の購入には使えません。

医療費については、未就学児であれば、予防接種や健診、処方薬が対象となり、出産費用と同じく、通院のための交通費や宿泊費には使えません。

住宅購入資金

子どもや孫が住宅を購入する際、1200万円までの贈与であれば課税対象になりません。これに暦年課税の金額:110万円を加算して、1310万円までが一度に受け取れる非課税額となります。ただし、この金額は消費税率の変動に伴って変更されるので、注意が必要です。

住宅購入資金を贈与する場合、相続時精算課税という制度も選べます。これは、60歳以上の両親・祖父母から、20歳以上の子ども・孫が受け取ることを条件として、最大2500万円までが非課税となる制度です。

金額が大きいため、暦年課税よりもメリットが大きく感じられますが、実は贈与額が相続財産に加算されてしまうため、納税時期をずらす以外のメリットはありません。また、この制度を利用すると、暦年課税の制度は利用できなくなるので、注意が必要です。

目次に戻る

名古屋の税理士事務所~遺産相続で依頼したいときのポイント~

名古屋で頼れる税理士事務所を、下記の視点で特徴をまとめました。遺産相続でお悩みの方は、参考にしてください。

  1. ノウハウ(節税効果)の高さ
  2. 信頼性と実績
  3. 依頼料金の相場観(基本報酬額)
  4. 相談者の口コミ・評判
  5. 特徴

税理士法人コスモス

税理士法人コスモス

税理士法人コスモスの公式HPはこちら

ノウハウ
(節税効果)の高さ
  • 相続の勉強会やセミナーを開催して常に最新税制を研究
  • 契約者利益を重視する節税対策を提案
信頼性と実績
  • 30年超えの、相続や事業承継の実績が豊富
  • 税計算では5人程度で詳細な審査を実施
依頼料金の相場
(基本報酬額)
  • 30万円~
相談者の口コミ・評判

ふきだし費用を大幅に削減できた
以前は顧問税理士事務所にお願いしていましたが、コスモスさんに依頼してからは大幅な費用削減ができました。提案してくれる数も多く、調査がしっかりされていると感じています。

ふきだしずっとお願いしていたい税理士事務所
20年以上お付き合いさせていただいております。経営に関して不安を抱いていましたが、積極的に相談・指導をしてくださっているので、いつも安心してお願いしています。

ふきだし安心の対応と費用
節税効果の高い提案に加えて、各種料金も割安なのでかなり節約になっています。対応も迅速で、こちらの疑問にもひとつひとつ丁寧に応えてくれるので、いつも助かっております。

特徴
  • 相談しやすい、良心的な料金
    50人近いスタッフを擁する税理士事務所でありながら、相談しやすい良心的な料金プランに設定されています。固定の10万円に遺産総額によって変動する報酬が20万円~となり、遺産総額が5千万円未満なら基本報酬額は30万円になります。
  • 依頼者利益を最優先に考えた節税対策を提案
    提携先が多い税理士事務所だと提携先の利益にも配慮した税計算をするケースがあり、これが必ずしも依頼者利益にならないことも。税理士法人コスモスは独立性が高いため、依頼者の立場を考え、利益を最優先とした、節税効果の高い提案をしてくれます。
  • 最新税制対応も含めて相続の専門知識やノウハウが豊富
    税制は毎年のように変わっていくため、最新事情にも精通している必要があります。コスモスでは毎月相続研究会という勉強会を実施して担当案件の精査をしたり、相続対策のセミナーでは最新事例を紹介するなど、常に最新税制への取り組みに注力しているのも特徴。
  • セカンドオピニオン制度を提言
    税理士事務所としてセカンドオピニオン制度を提言しています。契約中の顧問税理士はそのまま、独自に最善の提案をしてくれます。これによって結果的に、顧問契約を切り替えるケースも。

税理士法人コスモスの公式HPはこちら

税理士法人コスモスの費用詳細を調べました

ライン

ミッドランド税理士法人

ミッドランド税理士法人

ミッドランド税理士法人の公式HPはこちら

ノウハウ
(節税効果)の高さ
  • 中京エリアの5つの税理士法人が集結して得意ジャンルを共有
  • 企業経営の総合サポートを軸に、相続税コンサルティングは担当制を採用
信頼性と実績
  • 相談件数は5千件以上の実績あり
  • 担当以外の税理士が内容をチェックするシステムあり
依頼料金の相場
(基本報酬額)
  • 50万円~
相談者の口コミ・評判

ふきだしお客様からの紹介をきっかけに
経営が厳しく困っていたところ、お客様からこちらの事務所を紹介されました。調べてみたところ、グループの事務所だったので、丁寧に対応してくれるか不安でした。しかし担当の方が、いつも丁寧にきちんと対応してくれました。欲を言えば、もう少し優しいお値段だと嬉しいです。経営が厳しいので…。

ふきだし交通の便が悪くても毎月来てくれる
取引先の人からの紹介で知り合いました。弊社は交通の便が悪いところにあるんですが、それでも毎月きちんと、足を運んでくださいます。定期的な報告でいつも、今後とも頑張らねばという、身が引き締まる思いにさせてくれます。

特徴
  • 5つの税理士法人・総勢157名が対応
    対応できるスタッフが157名と、多く在籍。それぞれの得意なジャンルをもった税理士法人が5つあるので、多面的な相談に乗ってくれます。
  • 相続税の問題をサポート
    ミッドランド税理士法人では、不相当に相続税が高くならないように、現状分析を重要視しています。相続税がどのくらいになるのか、納税資金はどのくらいか、親族内でのいさかいは起こらないか…起こり得るリスクを、洗い出してくれます。
  • 総合的に判断したベストプランを提案
    財務経営コンサルタントが、経営・税金・遺留分を総合的に見て、依頼者にとって最適なプランを立ててくれるのが特徴。多額の相続税が課され、資金が必要になった場合も、優遇制度を駆使し、問題解決のサポートをしてくれます。

ミッドランド税理士法人の公式HPはこちら

ミッドランド税理士法人の費用詳細を調べました

ライン

アタックスグループ

アタックスグループ

アタックスグループの公式HPはこちら

ノウハウ
(節税効果)の高さ
  • 税理士・会計士業務に加えて経営コンサルティングに対応
  • 企業経営者の事業承継や財産相続を手厚くサポート
信頼性と実績
  • 創業70年で顧問企業1,200社の支援実績
  • 税務署対応や経営者個人の財産管理もサポート
依頼料金の相場
(基本報酬額)
  • 公式サイトに記載がありませんでした
相談者の口コミ・評判
  • 口コミ・評判は見つかりませんでした
特徴
  • 税理士・会計士業務に経営コンサルタントがプラス
    企業経営者の事業承継や財産相続で手厚いサポートが期待できます。多分野に渡った専門家が連携し、依頼者の経営全般をサポートしてくれます。
  • 豊富な知識・経験で問題を解決
    依頼者の「どうしたい、どうすべき、どのように解決したい」を、専門家の立場になって一緒に検討してくれます。リスクをできるだけ最小限におさえた、多方面の対策をとっていくのが、特徴的です。
  • 数多くの相談実績
    業種や規模を問わず、多岐に長く支援をし、1,200社の中小企業から信頼を得ています。依頼者の話を聞き、現状の問題を浮き彫りにし、依頼者が気付いていない課題を見抜いてくれるのも、長年の多くの実績があるからこそ。

アタックスグループの公式HPはこちら

アタックスグループの費用詳細を調べました

そのほか名古屋の税理士事務所リスト

税理士法人葵パートナーズ

名古屋と知多にオフィスを構える相続税専門の税理士法人。公式サイトに減税前と減税後の金額が書かれていることから、相続税の申告実績がわかります。

また、平日夜間や休日でも相続に関する相談に対応してくれるのも◎。セミナーや相談会なども開催しているので、平日の日中が忙しい方でも気軽に相談できます。

税理士法人葵パートナーズの費用詳細を調べました

名古屋総合税理士法人

創業40年の歴史を持つ、老舗の税理士法人。これまでに400件以上の経験・実績によるノウハウから、相続税の申告や生前対策などを専任の税理士がサポートしています。

それだけでなく、遺言書の作成や事業承継に関するコンサルティングにも対応。さまざまな角度から相続の悩みを解決できるでしょう。

名古屋総合税理士法人の費用詳細を調べました

税理士法人江崎総合会計

安心・親切・丁寧をモットーにしている江崎総合会計は、節税の専門家として相続税に関するさまざまなサポートを行っています。

知識豊富な専門の税理士が、相続財産評価や税務調査対策、相続税申告、二次相続などにも丁寧に対応。不動産の名義変更や売却といった手続きもフォローしています。

税理士法人江崎総合会計の費用詳細を調べました

税理士法人エスペランサ

税理士法人エスペランサは、名古屋で初めてオープン型の相続専門相談室「相続ラウンジ」を設けています。資料や書籍などを閲覧できるため、相談だけでなく自分自身で調べることも可能。相続や贈与に関することをじっくり考えられます。

20年以上、相続・贈与に携わり、相談件数は1,500件を超える実績があります。

税理士法人エスペランサの費用詳細を調べました

税理士法人名南経営

設立から30年の歴史があり、年間で100件以上の実績を持っています。豊富な経験・実績によって蓄積されたノウハウを基に、さまざまな角度からサポートを受けられます。

専門性の高いスタッフが多数在籍しているため、複雑な相談にも万全の体制で臨むことが可能です。

税理士法人名南経営の費用詳細を調べました

税理士法人中央総研

弁護士や不動産鑑定士、司法書士などさまざまな専門家と提携し、総合力を強みとする税理士法人です。相談者のさまざまなニーズに応えられるよう、サービスの品質を高めて対応にあたってくれます。

初回相談は無料なので、まずは気軽に相談できるという環境が整っています。相続税の重圧や複雑な相続対策の悩みを解決してくれます。

税理士法人中央総研の費用詳細を調べました

税理士法人山田&パートナーズ

税理士法人山田&パートナーズは、相続税申告や相続・事業承継コンサルティングなど、年間1800件以上の相続関連業務を行っている、豊富な経験や実績を誇る税理士事務所です。

相続税申告後に問題が発生しそうな項目の抽出や、財産の評価などをさまざまな角度から検討し、対策の提案や要望に応じたアドバイスを受けられます。

税理士法人山田&パートナーズの費用詳細を調べました

関連ページ

税理士に頼める相続手続き

特集社長さん必見!事業承継のポイント