遺産相続
相談するなら

相続や事業承継の節税対策で
頼れる存在
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所

手続きの期限

このページでは、いつまでに手続きすべきか、相続に関連する各種申告などの期限について解説します。

手続きによって期限が異なる、相続申告の注意点

相続申告の概要や期限の説明イメージ相続申告と呼ばれるものには様々な種類があり、期限もバラツキがあって一般人には紛らわしいのが難点。遺産相続の方法による違いなども関係しますが、まずは以下の6つの期限について概要を把握しておくといいでしょう。

  • 相続放棄、相続限定承認/3ヶ月以内
  • 故人の所得税準確定申告/4ヶ月以内
  • 相続財産に対する相続税申告/10ヶ月以内
  • 遺留分の減殺請求/1年以内
  • 相続税軽減に関連する申告/3年以内
  • 相続登記/期限なし

相続放棄、所得税の申告、相続税の申告などの各種手続き

相続に関連する各種手続きのうち、主なものを3つ取り上げて、以下に概要を説明します。

相続放棄

被相続人に多額の借金などがあって、相続することでマイナス財産の継承を避けるためには相続放棄をすることです。必要書類を揃えて、申立ては被相続人が亡くなった時の住所にある家庭裁判所に対して行います。3ヶ月以内に手続きをする必要があるため、弁護士などに代行してもらって迅速に事を進めるのが賢明でしょう。

所得税の申告

被相続人の所得税を相続人が申告・納税することを準確定申告といい、相続税が発生する場合、この準確定申告も必須となるケースが多いようです。

また、相続に関連して、例えば死亡保険金保険料負担者と被保険者との関係などによって、所得税贈与税が発生するケースもあります。

相続税の申告

相続税の申告をするのは相続人が住む場所の税務署ではなく、被相続人が亡くなった時の住所を所管する税務署となります。相続人が複数いる場合、それぞれの相続人が申告手続きをする必要があり、申告までには相続税をきちんと計算しておきましょう。

なお、当サイトでは名古屋エリアおすすめ税理士事務所の中でも厳選した3軒について紹介しているページもあるので、合わせてご覧ください。

遺産相続に強い!
名古屋のおすすめ税理士事務所>>