遺産相続
相談するなら

相続や事業承継の節税対策で
頼れる存在
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所
HOME » 知っておきたい遺産相続手続き基本のキ » 事業承継を簡単に済ませる3つの手続きと流れについて

事業承継を簡単に済ませる3つの手続きと流れについて

事業継承において大切なポイントは、ただ会社を引き継ぐだけでなく適切な手続きで手順を踏み、事業継承を成功に導くことです。

そのためには、まず事業継承の手続き方法や流れを知っておくことが必要です。

そこで今回は、事業承継を簡単に済ませる3つの手続きと流れについてご説明していきたいと思います。

事業継承の流れを知っておくことが成功のカギとなる

事業継承を行う際、はじめにすべきことは会社が今置かれている状況を把握することです。状況を把握することで適切な手続きや手順を踏んでいくことができます。

ここでは、一般的な事業継承の流れをご説明します。

現状の認識を行う

  1. 会社の現状(経営資源や負債など)…ヒト、モノ、カネ
  2. オーナー自身の現状…資産、負債、健康状態
  3. 後継者となる候補は誰か
  4. 相続で問題となるのは何か

これらを把握することをスタート地点としてください。すでに後継者が決まっているケースであっても同じです。

事業承継方法、後継者の決定

次に、どのような方法で事業継承を行うかを決定します。事業継承方法は大きく親族内継承、従業員などへの継承、M&Aの3つに分けられます。継承方法が決定したら、後継者の選定です。

継承計画の立案、実施

事業継承方法や後継者が決まったら、自ずと課題や問題点が見えてくるはずです。そこで、それらをクリアしていくために必要なステップを考えていきます。ここには、今現在できるものだけでなく中期的な計画も含まれます。最後に、事業継承の時期がきたら、作成した継承計画に基づき実行に移します。

事業継承には3つの方法がある

事業継承の流れのうち、事業継承方法と後継者の決定の手順では、少々頭を悩ませることになると思います。事業継承方法には3つの方法があり、どの方法を選択するかによって後継者の選定も変わってくるからです。

事業継承の多くを占める「親族内継承」

事業継承の半分以上のケースがこの親族内継承によって行われています。従来であればオーナーの子息、もしくは子女に継がせる場合がほとんどでしたが、オーナーの配偶者や甥、娘婿などが後継者となるケースも増えています。規模の大小に関わらず、財務業績の良好な会社では親族内継承が一般的です。

周囲の理解を得やすい「従業員などへの継承」

親族に後継者となる人物がいない場合や、候補者がいても継承させることができない場合、従業員などに継承するという方法も選択できます。この方法には、業務についてよく理解している人へ引き継げる、後継者の教育にかかる時間を削減できるなどのメリットがあります。

一方、株式を買い取る必要性があることから、資金力不足などの課題が生じることも多いです。

近年、注目を浴びている「M&A」

M&Aとは、Merger&acquisitionを略したもので、第三者に現オーナーの株式を譲渡することを指します。この方法であれば親族や従業員などに後継者となる人物がいない場合でも、会社の経営を継続させることが可能です。

M&Aでは経営の方法が180度変わる可能性があるため、現オーナーが精神的にダメージを負うケースも多く注意が必要です。また、後継者の信用度によっては、借入金を肩代わりする必要があります。

以上が事業承継を済ませる流れと3つの手続き方法となります。

超高齢化社会が進む今、事業継承が社会問題になっています。事業継承の流れを正しく理解していなかったり手続きの方法を誤ったりすると、最悪の場合、会社の存続自体が危ぶまれる事態にもなりかねません。

特に、継承方法や後継者の選定は大きなキーポイントです。事業継承に関する知識を一から学ぶのは大変な労力と時間が必要になるため、専門家に相談して効率的に手続きを進めてはいかがでしょうか。

特集社長さん必見!事業承継のポイント