遺産相続
相談するなら

相続や事業承継の節税対策で
頼れる存在
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所
HOME » 知っておきたい遺産相続手続き基本のキ » 相続放棄しても生命保険と遺族年金を受け取れる仕組みとは

相続放棄しても生命保険と遺族年金を受け取れる仕組みとは

「相続放棄」とは、亡くなった方の相続財産を受け取る権利を放棄する手続きです。

相続放棄をすると、すべての財産を受け取ることができなくなると思われがちですが、実は相続放棄をしても受け取れる財産があります。それが、生命保険と遺族年金です。

今回は、相続放棄をしても生命保険と遺族年金を受け取れる仕組みについてご説明していきたいと思います。

相続放棄の対象にならない「みなし相続財産」とは

相続放棄をしたからといって、すべての財産が受け取れなくなるわけではありません。相続放棄の対象になるのは、被相続人の財産のみとされているからです。

被相続人の財産は現金や不動産など

では、相続放棄をした場合に受け取れなくなる財産にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、現金や不動産(土地・建物)、自動車などが該当します。そして、財産権を表す証券である有価証券も含まれます。これらはプラスの財産となりますが、借金やローン、損害賠償責任などのマイナスの財産も該当します。

「みなし相続財産」は相続放棄の対象外

一方、相続放棄をしても受け取ることができる財産もあります。それが「みなし相続財産」と呼ばれるものです。

みなし相続財産の受け取りには要件を満たす必要がありますが、相続放棄の対象にはならないということを覚えておけば、損をしなくて済むかもしれません。みなし相続財産は、例えば生命保険金や遺族年金、死亡退職金などが挙げられます。

生命保険や遺族年金を受け取るための注意点

みなし相続財産は、相続放棄をしても受け取れる財産ではありますが、条件によっては受け取れない可能性もあります。

ここでは、生命保険金や遺族年金を受け取るための注意点をご説明いたします。

生命保険は誰が受取人になっているかが重要

生命保険金を受け取ることができるか否かは、「保険受取人」が相続人になっているかが重要です。

保険受取人が相続人に指定されている場合や特定の相続人になっている場合、生命保険金は相続財産とはみなされないため、相続放棄をしても受け取ることが可能です。

しかし、保険受取人が被相続人であったり、そもそも指定がなかったりする場合、生命保険金は相続財産とみなされてしまうので、相続放棄をすると受け取ることができません。「被相続人が保険受取人になっている」生命保険金を受け取ってしまうと、相続放棄ができなくなる可能性があるので注意が必要です。

遺族年金は要件を満たしていれば受け取れる

遺族年金には国民年金の被保険者の死亡時に支給される「遺族基礎年金」、厚生年金の被保険者の死亡時に支給される「遺族厚生年金」の2種類があります。これらは残された家族の生活を最低限保証するためのものなので、相続財産には含まれないとされています。

受け取りに必要な要件は以下の通りです。

  • 故人が日本国内に在住していたこと、年金を支払っていたこと
  • 受給者が故人の配偶者または子どもであること、故人と同一生計者であること

以上が生命保険と遺族年金を受け取れる仕組みに関する説明となりす。

今回ご説明した仕組みを知っておくと、もらえるはずのお金がもらえないなど、損をしてしまう事態を防げるかもしれません。相続放棄の手続きには、被相続人の死亡から3か月という期限が定められています。

相続放棄の手続きには様々な書類が必要となり、一人で収集するのは非常に大変な作業です。自分が相続放棄をするべきなのか、それともしない方が良いのか、判断に迷う方は専門家に相談することをおすすめします。

特集社長さん必見!事業承継のポイント