遺産相続
相談するなら

相続や事業承継の節税対策で
頼れる存在
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所

弁護士に頼める相続手続き

このページでは、遺産分割のトラブル対応や代理人としての交渉など、名古屋で相続する方向けに、弁護士に依頼できる手続きを解説します。

弁護士の独占業務とは?

弁護士に相談できる相続問題の説明イメージ弁護士の独占業務となるのは、調停訴訟など法的手続きが必要となる業務。相続に関連する手続きでいえば、遺産分割で相続人の協議がまとまらずに紛争状態になってしまったら、弁護士に相談しなければなりません。特に、親族経営のオーナー社長が亡くなった場合などは、個人資産からオーナー企業の株式など相続財産が多岐にわたります。さらに、法定相続人が複数いるようだと、遺産分割はさらに複雑化してしまいます。

事前対策として弁護士に相談しておくべきポイント

経営者や富裕層によって相続問題はできるだけ事前準備をしっかりしておくことで、無用なトラブルの防止にも繋がります。

弁護士が行う代理人業務のひとつに「遺言執行」があります。遺言執行とは、弁護士立ち会いで生前に遺言書を作成しておき、亡くなった時は弁護士を遺言執行者として、遺言内容にそって財産管理をしてもらうというもの。いずれは被相続人となることが予見される場合、いざという時の備えとして、相続人たちができるだけ揉めないように自分の意志や遺産配分などを明確にしておくのが遺族への配慮です。亡くなった後に遺言をきちんと実行してもらうには、代理人業務を請け負うことができる弁護士のパートナーを早めに見つけておくことが重要です。

「認知症」という相続トラブル要因

近年増えている相続問題の要因として、高齢者の認知症があります。認知症となって正常な判断が下せなくなってしまうと、遺言を残すことができなくなり、相続時のトラブルになるケースも増えています。相続が発生するのは被相続人が亡くなった後になりますが、被相続人が認知症になる可能性を考慮して、相続人となる子供世代などがきちんとした準備をしておくことが重要です。弁護士を代理人とすることで、相続人間の利害調整、そして介護を含めた被相続人の生活面など、相続に対する幅広いサポートをしてくれます。

特集社長さん必見!事業承継のポイント