遺産相続
相談するなら

相続や事業承継の節税対策で
頼れる存在
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所

相続税の節税対策

このページでは、資産相続時には節税対策が欠かせない、企業の相続税問題のポイントについて解説します。

顧問税理士と節税対策すべき相続税問題

企業資産の相続税節税対策の説明イメージ会社の資産を後継者に相続させる場合、本来取得にかかる費用がなくなるのはメリットともいえますが、相続税が課税されるため、企業経営者であれば万が一に備えて、顧問税理士に相続税対策を相談しておくのが賢明です。

そもそも法人には相続というものがないため、オーナー社長が亡くなったとして、相続対象となるのは株式会社なら所有株式、有限会社なら出資の持分となります。会社所有の不動産や有価証券、預貯金などは個人の相続財産とはなりません。

また、株式の相続税ですが、上場企業だと市場価格から算出されるのですが、非上場企業の場合は企業総資産から価値を算出するなど企業会計のプロでもかなりの労力を要する作業となります。

一般的な相続税申告でも、最初から税理士に相談しておけば調査や書類作成もスピーディーになりますし、申告書に税務代理権限証書を添付してもらうことで税務調査対策にもなります。さらに節税対策をしっかりするためにもプロの知識やノウハウが欠かせません。

税理士法人のセカンドオピニオンで相続税の節税を考える

企業の資産相続だと顧問税理士に相談するのがファーストチョイスとなりますが、セカンドオピニオンとして相続税申告に強い税理士事務所に相談してみるのも重要です。企業顧問の税理士だと法人税や所得税の申告には慣れていても、相続税申告には不慣れなケースもあり、税務調査に対してベストな対応ができないことも考えられます。税務調査はある意味で税務署との戦いともなるので、企業会計と相続に詳しい税理士とそうでない税理士とでは、最終的な相続税の節税効果にも大きな差が出ます。当サイトでは名古屋エリア相続税申告に精通した税理士事務所を紹介しているページもあるので、合わせてご覧ください。

節税のプロフェッショナル!
相続税対策で頼れる名古屋のおすすめ税理士事務所を紹介>>

特集社長さん必見!事業承継のポイント