専門家に相談!相続時に必要な手続き

相続が発生した際に必要となる主な手続きは以下の6つとなります。

  1. 相続人や相続財産の調査
  2. 遺産分割協議書作成
  3. 代理人としての交渉
  4. 遺産分割の調停や審判
  5. 相続登記
  6. 相続税の申告

被相続人の財産状況や法定相続人が何人いてどんな関係なのかによって必要な対処は変わってきますが、士業によって対応できる業務の違いなども下で紹介していきます。

遺産相続を相談するなら税理士

Tax accountant

相続税申告は税理士の独占業務!
税務調査も含めてサポート

相続に関する手続きのうち、税理士の独占業務となるのが相続税申告。単純な税金申告というよりは、節税対策を含めて専門知識やノウハウがとても重要となります。相続税の基礎控除を上回るような財産がある場合、支払う相続税も大きな金額となるため、きちんと財産を調査して精緻な相続税の算出をした上で、適切な節税対策をするわけです。また、被相続人がオーナー社長なら事業承継するために自社株対策も不可欠。こうしたケースで頼りになるのが相続手続きに精通した税理士で、税務署による税務調査対応も含めてサポートしてくれます。

税理士法人コスモス

税理士法人コスモス相続の勉強会やセミナーを開催して常に最新税制を研究するなど相続問題のノウハウと実績が豊富な税理士事務所。

公式サイトへ

遺産相続で頼れる!名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続を相談するなら司法書士

Judicial scrivener

戸籍収集も依頼できる司法書士は
不動産の名義変更が独占業務

相続に関する手続きのうち、司法書士の独占業務となるのが不動産登記手続き。マイホームだけでなく親がアパート経営をしている場合や複数の土地・建物を所有している場合、相続時の不動産登記で名義変更する際、司法書士の専門知識が大きなサポートになります。不動産の名義変更をするには戸籍収集が必要で、被相続人が本籍を移動していると戸籍の取得にはかなり手間がかかるもの。また、預貯金や株式の名義変更にも戸籍謄本が必要で、司法書士ならこれらをまとめて対応してくれます。

つばさ司法書士事務所

つばさ司法書士事務所パックサービスがあるなどわかりやすいプランで相続登記に対応する司法書士事務所。アフターサービスも充実しています。

公式サイトへ

不動産相続で頼れる!名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争を相談するなら弁護士

lawyer

無用な相続トラブルを防ぐためには
予め弁護士に相談しておく

相続に関する手続きのうち、弁護士の独占業務となるのが調停や訴訟などの法的手続き。また、被相続人の代理人として遺言執行できるのも弁護士ならでは。様々な財産を所有していて、相続人が多数いるような場合、無用な相続トラブルを未然に防ぐためにも、元気なうちから弁護士に相談して相続の準備をしておくが賢明です。また、近年は痴呆症に起因する相続税問題も増えていて、備えとして弁護士のサポートを仰ぐことも有益でしょう。

アーク法律事務所

アーク法律事務所弁護士事務所としては珍しく、内容を問わず無料で法律相談に応じてくれます。代表弁護士の親しみやすい人柄も定評あり。

公式サイトへ

相続紛争で頼れる!名古屋のおすすめ弁護士事務所

相続問題を相談する士業の選び方

相続問題を相談する士業の選び方

節税対策を重視するなら税理士が◎

相続問題の相談先を検討する場合、上でも触れたように税理士、司法書士、弁護士にはそれぞれ独占業務があり、相続人・相続財産の調査や遺産分割協議書作成についてはどの士業でも対応可能となります。問題のウェイトがどこにあるのかによって選択は変わりますが、相続財産が比較的大きくなりそうなら、やはり節税対策が最優先となるので、まずは税理士に相談することをおすすめします。個人財産と事業承継両面で節税対策をする場合も税理士ならフルサポートできますし、相続税申告とそれに伴う税務調査でも頼りになります。

税理士

独立性の高い税理士事務所が
おすすめの理由

実際に相続手続き全般をスムーズに終わらせるためには独占業務もあるため複数の士業に依頼するケースもあるでしょう。その場合に注意したいのが、他業種と提携していることを強みとしている事務所。依頼先を一本化できるメリットはあるものの、なかには提携先の利益を優先して税計算するケースもあります。相続手続きは頻度も少ないので、独立性の高い税理士事務所に相談して、必要に応じて他の士業をあたることをおすすめします。また、相続税対策のノウハウも事務所による違いがあるので、現在顧問税理士がいてもセカンドオピニオンとして他事務所に相談するのもいいでしょう。

知っておきたい遺産相続手続き基本の

名古屋の社長さん必見!事業承継のポイント

企業オーナーが事業承継をするにあたって考えておくべきポイントを紹介しています。特に非上場会社の場合、事業承継する側の自社株購入費用や税金の負担を軽減するためには自社株対策が欠かせません。非上場会社の株式がどのように評価されるのか、国税庁の区分方法などと合わせて詳細ページでご覧ください。

また、自社株対策の基本となる当期利益の引き下げや、企業における相続税の節税対策などもそれぞれ解説しています。通常業務を依頼している顧問税理士がいる場合でも、相続関連の手続きはより高い専門性が求められるので、これを機会に新たな税理士にセカンドオピニオンを求めてみるのも良いでしょう。

遺産相続
相談するなら

相続や自動承継の節税対策で
頼れる存在
相続申告が独占業務で、調査から申告内容の提案、税務調査まで対応。
遺産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ税理士事務所

不動産相続
相談するなら

不動産や預貯金・株式などの
名義変更に強み
不動産相続に伴う名義変更が独占業務で、手間のかかる戸籍収集も対応。
不動産相続で頼れる!
名古屋のおすすめ司法書士事務所

相続紛争
相談するなら

相続トラブルの法的対応や
代理人業務をお任せ
調停や訴訟などの法的手続き、被相続人の代理人業務が独占業務。
相続紛争で頼れる!
名古屋のおすすめ弁護士事務所